ニッケルの用途

ニッケルを含んだ材料は日常生活で大きな役割を果たしており、たとえば調理器具、携帯電話、医療機器、輸送、建築物、発電など、例を挙げればほとんど限りがありません。ニッケル含有材料が選ばれるのは、他の材料に比べて耐食性が高く、耐久性に優れ、高温や低温での強度が高く、特殊な磁気電気特性を幅広く備えているからです。

中でも最も重要なのは、鉄、ニッケル、クロムの合金で、この合金によるステンレス鋼(ニッケルは一般に8~12%)が最も大量に生産されています。ステンレス鋼に似ているもののニッケル含有率がより高いニッケル基合金は、ガスタービンや一部の化学工場など、要求がより厳しい用途に用いられています。

そのほか、鉄とニッケルの合金はエレクトロニクスや特殊工学技術で用いられ、銅とニッケルの合金は硬貨や船舶で用いられています。

日常使用されているニッケル含有合金はおよそ3,000種あります。毎年、新ニッケル地金の全体の約90%が合金に用いられ、そのうちの3分の2はステンレス鋼となります。

金属ニッケルを用いると、「ニッケルめっき」、「無電解ニッケル皮膜」、「電鋳」といった耐摩耗性の高い装飾皮膜や工学皮膜が得られます。その最上層にクロムを用いるのが一般に知られている「クロムめっき」です。炭化ケイ素と組み合わせるのは複合めっきと呼ばれています。

ニッケルは、エレクトロニクス、動力工具、輸送、非常用電源などに用いられる充電式電池システムのいくつかで重要な役割を果たしています。今日最も重要なのがニッケル水素(NiMH)です。

ニッケルは、化学反応の効率を高めるのに使用される触媒の多くにおいても重要な成分です。

ニッケル使用量は毎年約4%ずつ増加し、ニッケル含有ステンレス鋼の使用量は約6%の割合で増え続けています。今日、最も急速な増加を見せているのは飛躍的な工業化を進めるアジアなどの新興国です。産業インフラを近代化し、国民の物質的願望を満たすには、ニッケル含有材料が欠かせません。

こうしたニッケルの様々な用途全般についてさらに詳しい情報は本ウェブサイトの「社会におけるニッケルの貢献」と「材料の選択と使用」をご覧ください。ニッケル合金やニッケルステンレス鋼を生産する「世界の大手企業リスト」をご覧ください。

ニッケル含有製品の多くは耐用年数が長く、平均耐用年数はおそらく25~35年ほどですが、それよりはるかに耐用年数の長い用途も数多くあります。ニッケル含有製品は多くの場合、現実の課題に対し、総コストを抑え、エネルギーをはじめとする資源を効率的に利用する最適な手段をもたらします。

耐用年数が終了した時点でニッケル含有製品を回収しリサイクルすることで、その後に利用または再利用することが可能です。ニッケルは世界中で最も多くリサイクルされている材料の1つです。多くの場合、合金として回収されリサイクルされます。今日、ステンレス鋼製品のニッケル成分の約半分がリサイクルによるものです。ニッケルのリサイクル詳細については「リサイクル」をご参照ください。

ニッケルは幅広い最終用途産業で役立つことから高く評価されており、多くの国において経済的・戦略的に極めて重要な物質です。ニッケルの取引はロンドン金属取引所で行われています。

オランダ・ハーグに本拠を置く国際ニッケル研究会は、ニッケル需給について統計データを毎月発表する政府間機関であり、ニッケルの動向について情報や意見を交換するフォーラムとして機能しています。

ニッケルとニッケル化合物は特定の条件下で毒性を持つことがあり、また皮膚感作を引き起こすこともあります。ニッケルの有害性に関する実際上のリスクは、そのほとんどがニッケルの生産と製/精錬における特定の複雑なプロセスにあります。このリスクは十分に解明されており、具体的な職場規制によって管理制御されています。

ニッケル、ニッケル含有合金、ニッケル含有製品の使用については、宝飾品におけるニッケルおよび特定ニッケル合金の使用を除き、通常大きなリスクはないというのがニッケル産業の見解です。

ニッケルを使用することは、健康、安全、環境保護などの増進に現実として非常に大きく貢献しています。もしニッケルに関係するリスクの評価と管理に対して過度の予防手段を講じるならば、社会は得るものよりもはるかに多くのものを失うでしょう。

このページのトップへ