自動車

ニッケル含有材料はステンレス鋼、ニッケル合金、ニッケルめっき、および様々なニッケル化学物質の形態で自動車、トラック、バスに用いられています。自動車産業でのニッケル利用に関する情報は「用途」を参照。貨物トラックについては「輸送」をご覧ください。

関連するニュースと記事

ステンレス鋼の自動車フレーム:次世代 (ニッケル誌:2008年12月)。信じられないかもしれないが、この用途には多くの利点がある。

ニッケル合金の発泡体によるディーゼル排ガスの低減 (ニッケル誌:2007年6月)。しかも同時に燃料消費を抑制する。

NiMH電池が支えるハイブリッドカーの成長 (ニッケル誌:2008年6月)。欧州では2015年までにハイブリッドカーが新車販売台数全体の5%に増加する見通しである。

ニッケルのリサイクル

自動車の耐用年数が終了した時点で、ニッケル含有部品はステンレス鋼やニッケル合金などの新たな原料としてすべてリサイクル可能です。この点について詳しくは、自動車のニッケルリサイクルを参照。

環境により優しい輸送

より持続可能な輸送のためのニッケルの役割
ニッケル含有製品は、エネルギー効率が高く、排出物質が少なく、耐久性があり、魅力的な自動車という要件を満たす上で不可欠です。ニッケル含有製品は持続可能な輸送に重要な貢献をしています。

自動車の懸念物質
自動車メーカーの多くは、報告、制限、全面禁止の対象である物質のリストを作成しています。ニッケルは金属としても合金としても通常は制限されることはありませんが、その使用については報告が義務づけられる場合があります。これらの懸念についてはこちらをご参照ください。

技術文献

Niレジスト合金とダクタイルNiレジスト合金(ニッケル協会技術文献11018)
Niレジスト鋳鉄は、独自の優れた特性を持つオーステナイト組織を作り出すのに十分なニッケルを含んだ合金群である。

ニッケルめっきと電鋳:今日も明日も不可欠な産業(ニッケル協会技術文献10008)
ニッケルの電気メッキ、電鋳、無電解ニッケルの幅広い用途とそこから生じるメリットを示す。

型鋼選択の新手法(ニッケル協会技術文献10062)
合金の選択は、型の製作、加工、押出を行う業者、そして型鋼メーカー自体からも見過ごされている場合が多い。

このページのトップへ