環境科学

ニッケルは天然の元素であり(周期表では24番目に豊富な元素です)、自然的プロセスと人為的プロセスの結果、大気、土壌、堆積物、水などあらゆるところに存在します。すべての金属や化学物質と同様、これらの環境区分のいずれにおいても過剰な量のニッケルは植物や動物にとっての環境の質に悪影響を及ぼす可能性があります。

ニッケルに関する環境リスク評価ファクト・シートのシリーズは、ARCHE Consultancyの協力のもとでNiPERAによって作成されていますが、ニッケルおよびニッケル化合物に関するEU環境リスク評価のコンセプトと成果を産業界、規制当局、一般大衆に伝えるためのひとつの情報源となっています。このファクト・シートの目的は、主要な技術情報を纏め、施行のためのガイダンスを提供することで、読者がこのリスク評価に表われる複雑な環境問題とコンセプトを理解する上での援助となることです。現在5つのファクト・シートが入手可能です。

追加のファクト・シートが作成中であり間もなく利用できるようになります。

このページのトップへ