課題

社会は持続可能性に関する意識をますます高めており、持続可能な未来に貢献できる材料について多くの知識を必要としています。ニッケルはそうした材料の1つです。

ニッケルは元素です。したがって創造することもできませんし(資源基盤は有限です)、破壊することもできません(環境中に永続します)。ニッケルの属性である耐食性、高温での安定性、強度、延性、堅牢性、リサイクル可能性、触媒や電磁気に関する特性は、持続可能性というニーズを支えるものです。そのため様々な形式のニッケルが何千もの製品や用途で何百もの役割を果たしています。実際、現代の経済生活や社会生活の中でニッケルはあらゆる場所に存在するのですが、多くは人々の目に見えていないのです。

それと同時にニッケルには健康と環境に対する固有の危険性があり、この点を管理し、環境への影響を低減する必要があります。

以下は持続可能性に関係するリンクで、ニッケルのライフサイクルを反映した構成になっています。

持続可能な社会に対するニッケルの貢献について詳しくは「社会の中のニッケル」をご参照ください。

このページのトップへ