持続可能性の遂行

全地球的な持続可能性と規制上の課題
ニッケル含有材料はその機能性、耐久性、リサイクル可能性によって持続可能性に貢献しています。それと同時に、ニッケル含有材料が健康や環境に及ぼす影響を測定、理解、管理する必要があります。ニッケル協会は健全な科学に基づく適切な規制のすべてを歓迎します。またニッケル協会は、ニッケルの安全で持続可能な利用につながる適切な規制の基礎を提供するため、全世界のリスク評価やリスク管理活動に積極的に参加しています。

以下のページでは、ニッケルの持続可能な利用を実現し規制遵守に貢献するためにニッケル協会が取り組んでいる問題点、課題、戦略を説明します。

ライフサイクル評価

ニッケルの存在に依存する製品やシステムとそうではない製品やシステムを比較するライフサイクル評価では、ニッケル利用について耐用年数末期の管理段階やリサイクル段階における経済的・環境的利点を実証することができます。

もっと詳しく見る

環境基準

ニッケルは自然発生の元素であり(周期表では24番目に豊富な元素です)、天然現象と人為的プロセスの結果、大気、土壌、堆積物、水などあらゆるところに存在します。

もっと詳しく見る

課題

社会は持続可能性に関する意識をますます高めており、持続可能な未来に貢献できる材料について多くの知識を求めています。ニッケルはそうした材料の1つです。

もっと詳しく見る

REACH

REACHは、企業自体が最適な立場にいてこそ、企業が生産しEU内の市場で販売する化学物質が人の健康や環境に悪影響を及ぼさないことが保証できるという考え方に基づいています。

もっと詳しく見るには「Nickel Consortia」ウェブサイトをご覧ください

このページのトップへ