健康と環境

安全で持続可能な利用のためにニッケルが健康と環境に及ぼす影響を理解すること
ニッケル含有材料は今日非常に幅広く用いられています。建築物、食品の製造と調理、通信、輸送、製造業、レジャー、いずれもニッケル含有材料なしでは現在の状況はあり得ません。そして、すべてのニッケル含有材料について、健康や環境への影響と安全な利用法を理解することが重要です。

安全な使用:暴露源

ニッケルの用途が多種にわたることから、ニッケルとその化合物、合金に暴露する可能性は多様で多岐にわたっている。職場での暴露の場合、毒物学的に問題となる主要暴露経路は吸引および、それより程度が低いが皮膚接触です。

もっと詳しく見る

ニッケルアレルギー性接触皮膚炎について

ニッケルアレルギー性接触皮膚炎(NACD)は、充分な量のニッケルを溶出するアイテムとの、直接かつ長時間皮膚と接触することにより発症する、よく知られている皮膚疾患です。品物がニッケルアレルギーを引き起こす原因となるか、もしくはニッケルアレルギーを持っている人にNACDを発症させるかを確定するのは、ニッケル含有ではなく、ニッケル溶出が最も重要な要因となります。

もっと詳しく見る

環境科学

ニッケルは天然の元素であり(周期表では24番目に豊富な元素です)、自然的プロセスと人為的プロセスの結果、大気、土壌、堆積物、水などあらゆるところに存在します。すべての金属や化学物質と同様、これらの環境区分のいずれにおいても過剰な量のニッケルは植物や動物にとっての環境の質に悪影響を及ぼす可能性があります。

もっと詳しく見る

REACHは、企業自体が最適な立場にいてこそ、企業が生産しEU内の市場で販売する化学物質が人の健康や環境に悪影響を及ぼさないことが保証できるという考え方に基づいています。

REACHについてもっと詳しく知るにはNickel Consortiaのウェブサイトをご参照ください。

職場におけるニッケルの安全性と健康管理

金属ニッケル、ニッケル化合物及びニッケル合金を扱う作業者への健康管理ガイド。


このページのトップへ